• ホーム
  • 第一三共のホルモンバランスを整える医薬品を活用する

第一三共のホルモンバランスを整える医薬品を活用する

2019年12月15日

女性の体はホルモンバランスがとても重要で、乱れてくると色々な症状を体に引き起こすため、多くの医薬品でホルモンのバランスをサポートする製品が作られています。
第一三共でも更年期障害に効果が期待できる製品が作られ、販売されています。
エストロゲンは女性らしい体を作るうえで欠かせないもので、排卵や月経に大きくかかわっています。
子宮の環境を整えるだけでなく感情にも作用しますし、自律神経の働きや皮膚などにも影響を与える存在です。
プロゲステロンは妊娠にかかわりますし、他にもオキシトシンやプロラクチン、そして黄体形成ホルモンなどもあります。
数多くのホルモンは脳からの指令によって分泌が促され、女性ホルモンの多くは卵巣から分泌されています。
エストロゲンの乱れが自律神経の乱れとなって更年期障害に至るので、閉経後のエストロゲンが減少する時期になったらホルモンバランスを考慮するべきです。
イライラやのぼせ、発汗などや頭痛やめまい、皮膚の乾燥感やかゆみなどが酷くなったようなら第一三共の医薬品などでホルモンバランスを整えるべきです。
体のしびれや腰痛など更年期障害の症状は多岐にわたるため、不調を感じたら一度医師に診てもらうのも良い方法です。
第一三共のホルモンバランスを考えた医薬品は女性に対する薬だけでなく男性のためのものもあって、ホルモンが影響した脱毛に効果が期待できる医薬品があります。
ヘアサイクルの乱れなどにホルモンがかかわっているので、薬を使うことで毛根などの血行が良くなり発毛の促進が期待できるようになります。
医薬品の効果は正しく使うことで得られるため、使用上の注意はしっかりと確認して用いるようにし、過剰に使いすぎることが無いようにしましょう。